外壁塗装をする時に屋根ペンキを塗る事で防水性が高まるので雨漏りを防ぐ事が出来ます。
それにより雨が壁や床に染み込まなくなるので老朽化を遅らせる事が出来ます。
しかし屋根ペンキを塗る時に押さえておきたいポイントがいくつかあるのでしっかり把握しておく必要があります。
そこで外壁塗装で屋根ペンキを塗り方でポイントになる点を確認していきましょう。

・屋根ペンキを塗る前に洗浄する
屋根が劣化してくると汚れが目立つようになってくる他にコケが生えている事もあるので屋根ペンキを塗る前に綺麗に洗浄をする必要があります。
高圧洗浄機で汚れやコケを除去して綺麗な状態にしてから屋根ペンキを塗ると自然な仕上がりになります。

・細かい部分は小型ローラーで塗る
屋根ペンキを塗る時は基本的に大型ローラーを使用しますが、細かい部分を塗る時に大型ローラーを使用してしまうと塗れない部分が出てきてしまいます。
それにより雑な仕上がりになってしまう事もあるので細かい部分は小型ローラーを使用して屋根ペンキを塗るようにしましょう。
外壁塗装で屋根ペンキを塗り方でポイントになる点はこのようにあるので実際に外壁塗装で屋根ペンキを塗る時はしっかり頭に入れて参考にするといいでしょう。

関連記事